手術の種類と特徴|抜け毛対策に欠かせない育毛剤をランキングサイトで選ぼう

抜け毛対策に欠かせない育毛剤をランキングサイトで選ぼう

男性

手術の種類と特徴

頭

切る手術と切らない手術

自毛植毛は、大きく分けると切る手術と切らない手術に分けられます。切る自毛植毛が「FUT法」です。FUT法は、比較的普及している自毛植毛です。頭皮をメスで切開し、移植する髪の毛(ドナー)を採取します。広範囲にわたる薄毛をカバーしたい時に最適な手術です。最近はメスを使わない植毛「FUE法」も普及しています。FUE法では、専用のパンチブレードという特殊な機械を使います。そのため、パンチグラフト法という場合もあります。パンチブレードは、くり抜くようにしてドナーを採取できる特殊な機械です。移植する時もパンチブレードで頭皮に0.6mmほどの小さな穴を開けて行います。メスを使わないので傷跡が最小限で済みます。

手術のリスク

自毛植毛は薄毛を治す最終手段として最近人気急上昇中です。自毛植毛をする場合は、病院選びがとても大事です。切るFUT法の場合はメスを使う外科手術なので、リスクをともないます。とても繊細な技術とセンスを必要とする手術なので、経験が豊富な医師がいる病院を選ぶことが大切です。切らないFUE法は頭皮にメスを入れたくない人に人気です。しかし、FUE法はドナーを採取するときに毛根を傷つけてしまうことがあります。傷ついた毛根はドナーとして使えないのでムダになります。また、FUE法は手術時間がかかり、移植手術費用も高額です。生え際など小範囲の薄毛をカバーするのならいいですが、広範囲の薄毛を治すと手術代が高くなります。